研究用試薬


受託サービス >>


HBsAgGi:
HBs抗原の糖鎖異性体

M-HBsのO型糖鎖修飾PreS2に対するモノクローナル抗体で、DNAを含む感染性ウイルス粒子を主に認識します。

希望販売価格: 70,000円(税抜)
Recombinant mouse IgGI, 50μg
商品コード: RCA-001
該当する遺伝子型: Genotype C

*当社より直接ご購入いただけます。

・詳細資料  | ・参考文献 | ・ご注文の流れ

HBsAgGi

弊社製品は以下代理店からお求めになれます。

富士フイルム和光純薬株式会社
FFW


https://www.fujifilm.com/ffwk/en/contact

製品に関するお問い合わせ先

株式会社 RCMG

marketing@rcmg-glyco.com

概要:

HBVエンベロープタンパク質は、PreS1、PreS2、Sドメインを含むHBsAg遺伝子から作られるS-、M-、L-HBsの3種類の表面抗原で構成されています1。 HBsAgsはN型糖鎖やO型糖鎖で修飾されています2,3。HBs抗原の全糖鎖構造解析の結果、M-HBsのPreS2ドメインはO型糖鎖で修飾されており、L-HBsのPreS2ドメインにはほとんど存在しないこと、O型糖鎖の修飾部位は遺伝子型C(gC)に高度に保存されていることが明らかになりました4,5.

HBsAgの糖鎖異性体に対する組換えモノクローナル抗体(HBsAgGi)は、O型糖鎖を持つPreS2糖ペプチドを用いて作製されました。HBsAgGiは、すべてのHBV粒子を認識する従来のHBsAg検査と比較して、感染性HBV粒子(DNAビリオン)を特異的に認識します。

アイソタイプ:マウスIgG1
軽鎖: κ(カッパ)
用量: 50μg
保存方法: 短期間は4℃で保存してください。長期保存の場合は-20℃で保存し、凍結融解は避けてください。

用途
 1. ウエスタン
 2. HBV粒子の免疫沈降・分離
 3. ELISA法
 4. HBV感染阻害アッセイ
 5. 免疫組織化学

HBsAgGiは、HBV粒子中のM-HBsAgを特異的に認識します

HBVは、エンベロープタンパク質(HBsAg)、HBVコア、HBV DNAから構成されています。HBsAg遺伝子は、PreS1(青)、PreS2(赤)、S(黒)-ドメインから構成されています。S-HBsAgsの約半分はN型糖鎖で修飾され、残りには糖鎖が付いていません。M-HBsAgのPreS2ドメインは高度にO型糖鎖で修飾されていますが、同じ部位はL-HBsAgではほとんど修飾されていません。S-HBsAgは最も多く存在し、非感染性粒子は主にS-HBsAgで形成されています。それに対し、感染性HBV粒子はHBV DNAを含んだコアを内包し、すべてのHBsAgから成るエンベロープで覆われた粒子です。HBsAgGiは、遺伝子型Cに特有の O型糖鎖修飾PreS2ドメインを認識します。

HBsAgGi specifically recognizes M-HBsAg in HBV virion

HBsAgGiおよびS抗体によるHBV粒子の認識

HBV患者の血清中には、HBV DNAを含む感染性粒子よりも非感染性粒子の方がはるかに多く存在します。抗S抗体が非感染性粒子を含む全てのHBV粒子を認識するのに対し、HBsAgGiはM-HBsAgを含む感染性HBV粒子を認識するため、HBsAgGiの測定はS抗体測定とは異なるHBV患者の分類が可能と考えられます。

HBsAgGi antibody vs S antibody in recognition of HBV particles

HBsAgGiとその他の感染性HBVを検出するためのマーカー

HBVマーカーの比較表。従来、HBV患者の状態の把握のためにはqHBsAgやHBV DNAの測定が行われてきましたが、近年ではHBcrAgやHBV RNAが患者の状態を診断する新しいマーカーとして注目されつつあります。対象となるHBVの粒子や分子は表のとおりです。〇印はターゲットとなる粒子・分子、×印はそのマーカーが認識できない、あるいは推奨できないことを表しています。
HBsAgGiは、M-HBsAgを含む粒子、例えばDNAやRNAを含むHBV粒子を検出する事ができます。

HBsAgGi and other markers to detect infectious HBV

実施例:

HBsAgGi

HBsAgGi(左)とPreS2抗体(右)を用いたウェスタンブロット法

  • 左: HBsAgGi-gC抗体、右:抗PreS2抗体
  • レーン1: S-HBsAg 50 ng
  • レーン2: M-HBsAg 50 ng
  • レーン3: L-HBsAg 50 ng
  • 二次抗体: HRP標識抗マウスIgG
  • HBsAgGi-gC

    HBsAgGi-gCコートプレートとM-HBsAgを標準試料としたELISA法

  • 標準物質: M-HBsAg (3.7 - 900 ng/mL)
  • 被検試料: HBV患者血清(2μL)
  • 血清#1: HBsAg 6610 IU/mL、HBV DNA 3.1
  • 血清#2: HBsAg 8612 IU/mL、HBV DNA 0
  • 血清#3: HBsAg 36600 IU/mL、HBV DNA 8.3
  • 検出: ビオチン化HBsAgGi-gC抗体およびHRP標識ストレプトアビジン
  • HBsAgGi-gC

    HBsAgGi-gCを用いた免疫沈降法

  • オリジナルサンプル(Orig): HBV患者血清(4.1 logIU/20 μL)
  • IP条件: ビオチン化HBsAgGi-gC 2 μg、ストレプトアビジン結合磁気ビーズ10 μL/1 mL TBS-T、4℃、16時間
  • HBV DNAの定量: 沈殿画分(IP)および上清画分(Sup)それぞれ20μLあたりのHBV DNAをreal-time PCR法により測定した。
  • 参考文献:

    1. Schadler and Hildt (2009) Viruses 1:185-209.
    2. Schmitt et al. (2004) J Gen Virol 85:2045-2053.
    3. Dobrica et al. (2020) Cells 9:1404.
    4. Wagatsuma et al. (2018) Anal Chem 90:10196-10203.
    5. Angata et al. (2021) Biochim Biophys Acta Gen Subj.  1866:130020


     HBsAgGi ELISAキット:
    HBsAgの糖鎖異性体の測定用

    M-HBsのO型糖鎖修飾PreS2に対するモノクローナル抗体を用いたELISAキットで、DNAを含むウイルス粒子を測定することが可能です。

    希望販売価格:100,000円(税抜)
    96 Test
    商品コード: RCEK-001
    該当する遺伝子型: Genotype C

    * 当社より直接ご購入いただけます。

    ・製品紹介資料  | ・Safety data sheet(SDS) / ユーザーガイド |・参考文献 | ・ご注文の流れ

    HBsAgGi

    弊社製品は以下代理店からお求めになれます。

    富士フイルム和光純薬株式会社
    FFW


    https://www.fujifilm.com/ffwk/en/contact

    製品に関するお問い合わせ先

    株式会社 RCMG

    marketing@rcmg-glyco.com

    概要:

    HBsAg糖鎖異性体に対する組換えモノクローナル抗体(HBsAgGi)は、主に感染性HBV粒子に存在するM-HBs上のO型糖鎖修飾Pre-S2を特異的に認識します。すべてのHBV粒子を認識する従来のHBsAg検査と比較して、HBsAgGiで捕捉したHBV粒子は、S-HBsAg抗体で捕捉した粒子とは異なります。
    HBsAgGiを用いることで、HBV DNAを含むHBV粒子を測定する新しいELISAシステムを初めて確立しました。HBV患者の血清には、感染性のHBV DNA粒子よりも非感染性のサブウイルス粒子が多く含まれていますが、感染性粒子と非感染性粒子の比率は患者ごとに異なります。従って、感染性HBV粒子の測定は、従来のHBs抗原の測定に加えて、新たな患者の病態解析に有効と考えられます。

    構成
    HBsAgGi antibody coated plate:96 well (8-well strip x 12)
     Standard M-HBsAg
     Dilution Buffer
     20X Wash Buffer



     HRP-labeled HBsAgGi antibody
     TMB Substrate
     Stop Solution

    HBsAgGi ELISAキットによるHBV DNA粒子の測定は3つのステップで行います

    HBV DNA粒子は先ずHBsAgGi抗体によって捕捉されます(STEP1)。洗浄後、ELISA用マイクロウェルに捕捉されたHBV粒子は、さらにHRP標識HBsAgGi抗体と反応します(STEP2)。さらに洗浄後、HRP基質(TMB基質)をウェルに添加します。インキュベーション後、反応を停止し、プレートリーダーで450nmの吸光度を測定します(STEP 3)。

    Contract service

    実施例:

    標準曲線
    キットに含まれるStandard M-HbsAg(800ng/mL)を連続希釈して標準M-HBsAg(6.25~400ng/mL)を調整し、標準曲線を作成します。

    HBsAgGi-gC


    HBsAgGi ELISAキットを用いた血清中のHBsAgGiの測定 

  • テストサンプル: HBV患者血清3検体(1 µL)を1検体あたり6ウェルで測定。
  • 標準M-HBsAgs (6.25 - 400 ng/mL)
  • SampleqHBsAg (IU/mL)HBsAgGi (µg/mL)CV (%)
    Serum #121004.52.52
    Serum #282008.922.65
    Serum #3220011.041.82

    Safety data sheet (SDS) / ユーザーガイド

    References:

    1. Schadler and Hildt (2009) Viruses 1:185-209.
    2. Schmitt et al. (2004) J Gen Virol 85:2045-2053.
    3. Dobrica et al. (2020) Cells 9:1404.
    4. Wagatsuma et al. (2018) Anal Chem 90:10196-10203.
    5. Angata et al. (2021) Biochim Biophys Acta Gen Subj. 1866:130020

    株式会社RCMG


    〒305-0047
    茨城県つくば市千現2-1-6
    つくば創業プラザ106
    TEL:029-828-8010
    marketing@rcmg-glyco.com

    Contact Us