受託サービス


研究用試薬 >>


HBsAgの糖鎖修飾(Glyco-S/S)定量化サービス:
HBsAgの糖鎖修飾量の測定


N型糖鎖S-HBsを測定する独自の新しいELISAシステム[Glyco-S ELISA]を用いた解析サービスです。

費用: お問合せください
該当する遺伝子型: Genotype B and C

・参考文献 | ・ご注文の流れ

Quantifying glycosylation of HBsAg (Glyco-S/S)

サービスに関するお問い合わせはこちら

概要:

HBV粒子はエンベロープタンパク質(HBsAg)で覆われていますが、HBsAgはサブタイプ特異的にN型糖鎖やO型糖鎖で修飾されています(1)。S-HBsAgは最も多く存在し、非感染性粒子を形成します。S-HBsAgの約半分はN型糖鎖で修飾され、残りは糖鎖修飾されていません。感染性HBV粒子はS-、M-、L-HBsAgを含み、コアタンパク質の他にHBV DNAも含んでいます。遺伝子型CのM-HBsAgのPreS2ドメインはO型糖鎖で修飾されていますが、L-HBsAgの同じ部位は修飾されていないのが特徴です(2)。HBsAgの糖鎖付加は、HBVの形成と分泌に必要であり、HBVのライフサイクルにおいて重要です(3)。さらに、HBVの糖鎖修飾は、抗体、抗原提示分子、自然免疫受容体の認識を阻害することにより、免疫回避につながる可能性も示唆されています(4)。従って、HBsAgの糖鎖修飾度を測定することは、qHBsAgの測定では分からないHBV患者の病態の違いを反映する可能性が考えられます。そこで私たちは、インタクトなHBV粒子の糖鎖修飾を定量できる独自のELISAシステムを確立しました。
Glyco-S ELISAシステムは、当社が検証した限り、遺伝子型A、B、C、DのHBsAgの糖鎖を測定することが可能です。

HBV粒子のHBsAgの糖鎖修飾(Glyco-S/S)の定量化

AのqHBsAg量はBと同程度ですが、AのGlyco-Sは糖鎖修飾量が多いHBV粒子(赤)を持つBのGlyco-Sよりも低い(以下、模式図)。

Contract service

当社の受託サービスは、臨床検体および非臨床検体を対象としています:

1. 様々なステータスのHBV患者の血清
2. 実験動物由来のHBV粒子を含む血清
3. HBVに感染したヒト初代肝細胞の細胞培養液。
4. 変異により異なる糖鎖構造を有するHBV粒子

本サービスの詳細・ご注文は、当社(marketing@rcmg-glyco.com)までお気軽にお問い合わせください。

参考文献:

1. Schmitt et al. (2004) J Gen Virol 85:2045-2053.
2. Angata et al. (2021) Biochim Biophys Acta Gen Subj. 1866:130020
3. Ouchida T et al. (2021) Viruses 13: 1860.
4. Dobrica et al. (2020) Cells 9:1404


HBsAgGi定量化サービス: HBsAgの糖鎖異性体の量を測定

HBsAgGi ELISAシステムを用いて、O型糖鎖修飾されたM-HBsAgを測定する分析サービスです。

Genotype Cに加え、Genotype Bのサービスを開始致しました。

費用: お問合せください
該当する遺伝子型 : Genotype A, B, C and D

・サービス紹介資料 | ・参考文献 | ・ご注文の流れ

HB surface antigen glycan isomerTo measure levels of HBsAg glycan isomer

サービスに関するお問い合わせはこちら

概要:

HBV粒子はエンベロープタンパク質(HBsAg)で覆われており、HBsAgはサブタイプ特異的にN 型糖鎖やO型糖鎖で修飾されています1,2。HBs抗原には、S-、M-、L-HBsAgの3種類があり、PreS1、PreS2、S-ドメインを含むHBsAg遺伝子から産生されます。感染性HBV粒子は3種類のHBsAgを全て含みますが、非感染性粒子は主にS-HBsAgで形成されています。現在、HBsAgの診断や解析には、S-HBsAgに対する抗体を用いてHBsAgの量を測定しています。RCMGのHBsAgGi(HBsAg glycan isomer)は、HBV DNAを含む感染性HBVに含まれるM-HBsAg上のO型糖鎖Pre-S2に対するモノクローナル抗体です3。つまりHBsAgGiが認識する粒子は、S-HBs抗体が認識する粒子とは異なります。患者の血清中には感染性HBV粒子が非感染性粒子より少なく、両粒子の比率は患者ごとに異なります。そこで、感染性HBV粒子の測定は、患者の病態解析に有用であると考え、HBsAgGi ELISAシステムを確立しました。

HBsAgGi ELISAは、HBV DNA粒子を測定することができます
HBV患者の血清には、主にHBV DNA粒子の他にサブウイルス粒子が含まれています。S-HBsAg抗体はすべての粒子を捕らえることができますが、HBsAgGiはO型糖鎖修飾M-HBsAgを含む感染性HBV粒子を捕らえることができます。HBsAgGiによるHBV測定は、S-HBsAg抗体による測定と異なる結果を示すと考えられ、新たな知見が得られます。   

実施例:

HBsAgGi-gC

HBsAgGi-gCコートプレートとM-HBsAgを標準試料としたELISA法

  • 標準物質: M-HBsAg (3.7 - 900 ng/mL)
  • 被検試料: HBV患者血清(2μL)
  • 血清#1: HBsAg 6610 IU/mL、HBV DNA 3.1
  • 血清#2: HBsAg 8612 IU/mL、HBV DNA 0
  • 血清#3: HBsAg 36600 IU/mL、HBV DNA 8.3
  • 検出: ビオチン化HBsAgGi-gC抗体およびHRP標識ストレプトアビジン
  • 本サービスの詳細・ご注文は、当社(marketing@rcmg-glyco.com)までお気軽にお問い合わせください。

    参考文献:

    1. Schmitt et al. (2004) J Gen Virol 85:2045-2053.
    2. Dobrica et al. (2020) Cells 9:1404.
    3. Angata et al. (2021) Biochim Biophys Acta Gen Subj. 1866:130020

    株式会社RCMG


    〒305-0047
    茨城県つくば市千現2-1-6
    つくば創業プラザ106
    TEL:029-828-8010
    marketing@rcmg-glyco.com

    Contact Us